コクヨの卓上スキャナーCaminacs W<キャミナックス ダブル>の体験報告です

コクヨのコンパクトスキャナーCaminacs W<キャミナックス ダブル>の体験報告です。特徴は卓上コンパクトサイズでA3判から名刺まで両面でカラースキャンが可能。当社の発注書と印刷されたパンフレットを試しにスキャンしてみました。
発注書はスキャンした後にパソコンからエクセル変換を指示。発注書の罫線とワープロの文字はそのままで使えました。若干のレイアウト修正は必要ですが初めから作るよりは格段に早いです。

パンフレットはワードに変換を掛けました。認識した文字はOCR処理(文字認識処理)でワープロの文字として使えます。文字の修正も可能です。ただし手書文字はうまく認識しないのも事実です。手書きの文字の書類はPDFのデーターとしてファイリングして使うのがいいですね。

scan1.jpg
ちょっとびっくりしたのは名刺管理ソフトウェアーです。
この添付ソフトはスキャンした名刺を会社名、役職、名前、電話番号、E-mail、インターネットのアドレス等を分類し、それぞれを文字として判別してファイリング。メールを出せたり、その会社のホームページを見たり、別の年賀状ソフトにデーターを取りこんでハガキに宛名印刷したりと加工がすごく楽にできました。でも一度名刺と違う文字に認識されていないかを確認する必要はあります。

またこれら変換処理の速さはPCの能力に依存します。スキャンデーターはNAS(ネットワーク上のファイリングサーバー:3万円前後)の指定した共有フォルダーに送り情報を共有して活用する事が出来ます。

この機能が付いて9万円を切って使えるのは嬉しいですね。これからファイリングを始めたい方、また現在ファイリングをしているが複合機まで行って処理をするのは大変という方には打ってつけの製品です。
また、「さくっとファイリング」というファイリング専用ソフトもあります。



お気軽にお問い合わせください。電話番号:03-3391-4157